IOC会長バッハ氏は、なぜ日本の緊急事態宣言に言及したのか?

 今朝のIOC会長バッハ氏の発言が、国内でも波紋を広げているようです。
 とりあえず比較しやすい3本の関連記事をピックアップしてみます。
記事はコチラです☟

緊急事態宣言「五輪とは関係ない」 IOCバッハ会長



バッハ氏の訪日前に宣言解除? 東京都の狙いは 臆測広がる



野党からIOC会長へ相次ぐ批判 緊急事態「無関係」発言 東京五輪



 記事の選択は、どうしても和田の意図が反映してしまいますことをお許しください。
 勘繰りますと、バッハ会長はどうしても東京オリンピックを開催したいのであり、小池東京都知事も自分の保身・実績のためには東京オリンピックを中止にしたくない思惑があるが、野党(特に共産党)は、東京オリンピック中止を利用して菅政権の倒閣を画策しているのではないかということです。

 バッハ会長の発言は原語ではなく日本語化した記事ですから、多少マスコミによる誇張はあるかもしれませんが、日本の緊急事態宣言発令に合わせてコメントを発表すること自体意図的なものを感じます。野党に限らずこのタイミングでのコメントは、マイナス効果の方が大きいのではないでしょうか。
 IOCにとっては、たとえ無観客でも東京オリンピックを開催さえすれば莫大なテレビ放映料が手に入るからだろうと、和田は妄想してしまいます。
 
 もう何度も書いてきたことですが、政府・東京都は何のために誰のためにオリンピックを行うのか、今一度自問自答してほしいですし、マスコミは国内では東京オリンピック開催ありきで聖火リレーや選手選考会を後押ししながら、一方ではコロナ感染の恐怖を煽りまくる報道を繰り返すことで、世界にオリンピック開催の不安情報を大放出してしまっているという矛盾を軌道修正しない限り、国民の信用も失ってしまうのではないでしょうか?
 

プロフィール

わだしん

Author:わだしん
和田慎市です。公立高校退職後、私立高校で講師をしています。教鞭をとるかたわら、教師人生で学んだノウハウを多くの方に活かしてもらおうと、執筆・講演活動を行っています。H29年末に第三作「いじめの正体」(共栄書房)を出版しました。最近はアゴラ‐言論プラットフォーム‐に時々投稿しています。ご意見・情報交換はこちらへお願いします。なお、詳しいプロフィールはこちらから。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
リンク